カメラ

α6600の動画撮影時の手振れ補正はジンバルで解決!

α6600を買ってから3ヶ月が過ぎました。
購入理由はボディー内手振れ補正が欲しかった。
バッテリーの持ちが良くなって欲しかった。

α6400の時の不満が、α6600によって解消されると思い、思い切って購入に至りました。
今では非常に満足して使ってます。
ほぼ、出かける時は持ち出してます。
まぁ、ペットみたいなものでしょうか?(病気レベル)

そんなα6600の使用レビューと動画撮影時で気づいた事。
そんな事を記事にしておきます。

これからα6600を購入される人の為に参考になれば良いかなと思います。

α6600で動画を撮ると手振れ補正が気になる


IMG 0044

2019年11月1日に鳴り物入りでデビューしたα6600でした。
ボディー内手振れ補正があるという事とバッテリーが大型化したという事で注目の的でした。

僕も早速購入して、夢にまで見た理想のミラーレス一眼だと思いました。
日々の動画撮影、VLOGに大活躍必至と思い、ワクワクが止まりませんでした。

でも、やっぱり気になるのが、動画撮影時での手振れ補正が弱い・・・
そう、手持ちで動画を撮る場合、歩くとかなり手ブレが発生してしまいます。

どうやら、このボディー内手振れ補正は、スチル撮影としての手振れ補正に留まっているようですね。
なぜ、スチル撮影レベルなのか・・・
せめて、ソフト的に多少クロップされてでも手振れ補正が入っていれば、手間が省けるのですが・・・

多分、ミラーレス一眼という位置づけとして、画質優先になってるのかな?と思いました。
なので、編集時に手振れ補正を掛けるか、ハード的に手振れ補正を施すか。
その2択、あるいは両方でやれば良いかなと思ってます。

最初は持ってたPILOTFLY TRAVELERで。


IMG 0048

α6400の時に購入したジンバル、PILOTFLY TRAVELERを引き続き使用してみました。
α6600を載せてみてバランスを取るとしっかり保持してくれました。

これも使える!とある現場を撮りに行ったのですが・・・
途中からPILOTFLY TRAVELERから警告音が鳴り出しました。

多分、重量オーバーです。

撮っては休憩、撮っては休憩を繰り返し、なんとかその場をしのぎました。

これでは、現場でストレス溜まるなぁと感じ、もっとパワーのあるジンバルが欲しくなったのです。
その頃、丁度ジンバルの新規ラッシュで、色々と選んでみました。

その中で見つけたのが、ZHIYUN WEEBILL-Sでした。

遂にポチったZHIYUN WEEBILL-S


IMG 0253

α6600に安心して載せられるジンバルを探し、他にも魅力的なジンバルがある中ZHIYUN WEEBILL-Sを選びました。
選んだ基準は他と見た目が違う事。
形がL型なんですよね。
それが面白い。
簡単にローアングル撮影ができます。
三脚を取っ手として使い、かなり変わったジンバルだなと。

IMG 0254

このトランスフォームするユニークなZHIYUN WEEBILL-Sにゾッコン惚れてしまい、思い切ってポチってみました。
YouTubeのレビュー動画でも持ち出しも楽で、こんなに使えるジンバルなんだと絶賛していました。

紆余曲折あって、やっと手にしたZHIYUN WEEBILL-Sでした。
これで滑らかな映像が撮れる。
もう、重量オーバーでテンションが下がる事も無くなるだろうと。

ところが・・・

ZHIYUN WEEBILL-Sの長所と短所


IMG 0255

α6600の動画撮影じでの手振れ補正を滑らかにするために、ZHIYUN WEEBILL-Sを購入しました。
長所としては、コンパクトなので、鞄に入れやすい、持ち行こうという気持ちが高まる。
現場でのセッティングが楽。
三脚を付け替えて、ローアングル撮影(スリングモード)が簡単で便利。
本体がこのレベルのジンバルでは軽い。
オートチューンモードがあるので安心感がある。

IMG 0256

では、次に短所です。
斜め上に向ける動作が苦手みたい。
斜め下には動かない。
フリーモードでトリガーの指を離すと、パンフォローモードなどに切り替わり、挙動が変になる。
滑らかさが乏しい感じで、ジンバルとしての基本性能のレベルが低いです。

IMG 0257

僕のミラーレス一眼でのジンバル経験はPILOTFLY TRAVELERが初めてでした。
なので、ジンバルの基準がPILOTFLY TRAVELERだったのです。
そしてZHIYUN WEEBILL-Sで気がついたのですが、PILOTFLY TRAVELERの基本性能が素晴らしいという事でした。
そのハイレベルな基本性能が基準になってしまったので、ZHIYUN WEEBILL-Sを使った時に気分が落ちたという事なんです。

もし、PILOTFLY TRAVELERが11500gぐらいのペイロード(積載重量)があれば、他に買う必要もなかったなと思ってます。
実際に使ってみて、ガッカリが多いジンバルです。

α6600の動画撮影時の手振れ補正のまとめ

α6600の動画撮影時での手振れ補正は正直大したこと無い。
スチル撮影で望遠レンズを使って撮影する時に役立つ程度のものでした。
これは、期待してただけにガッカリしてます。
しかし、僕の使いたい項目はホボ出来ているので購入してからも、かなり満足しています。

ジンバルを使って撮影も、面倒なときがあります。
なので、移動はGoProHERO7BlackやDJIOsmoPocketなどを使って、現地でしっかり撮りたい場合はミラーレス一眼を使うという方法で運営して行こうと思ってます。

さて、あなたはα6600を動画撮影カメラとして持ってみますか?
カメラは本体だけでは撮影出来ません。
レンズが自分の撮りたいイメージに合うものが多いかという選ぶ基準もありますね。

α6600なら、SONYのAPS-Cは勿論、フルサイズ用のレンズまで付けて使えます。
サードパーティー製のレンズも増えて来ました。

僕は今、欲しいレンズが3本あります。
3本も・・・

あぁ、レンズ沼です。
でも、楽しいですよ。

ピックアップ記事

  1. 離職率が高い職場で働いていると見えてくる会社の欠点。でも誰も治そうとしない。
  2. プランターが壊された!コインの裏表でラッキー。
  3. α6600を購入したのでレビューします。
  4. GoPro HERO7Blackをヨドバシカメラで買ってきました。購入理由と運営…
  5. Vitamix/A3500は個人輸入で買うべきか?検証してみました。

関連記事

  1. カメラ

    SONYα6400の使い方の本がやっと出た!2種類を比較!

    SONYのα6400用の本を2種類買い揃えました。待つこと半年、やっと…

  2. カメラ

    α6400を購入しました。レビューと僕の使い方。

    α6400を購入したのでレビュー記事を書きます。世間ではフルサイズが…

  3. カメラ

    α7SIIIを購入しました。購入理由とファーストインプレッション

    α7SIIIを予約注文していて、発売日に自宅に届きました。ネット注文…

  4. カメラ

    α7IIIのズームレンズ2本揃えてみました。

    α7IIIを購入したものの、フルサイズ用のレンズが無くどれにしようか迷…

  5. カメラ

    α6400とDJIOsmoPocketでVLOGだ!機材やアクセサリー紹介!

    2月22日にα6400をゲットしまして、浮かれています。α6400と…

  6. カメラ

    α6600用に超広角マニュアルレンズを購入!SAMYANG 12mm F2.0レビュー

    11月1日にα6600を買ってから1ヶ月が過ぎ、今回マニュアルレンズを…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. ウェブ会議でノートパソコンでのトラブル「ハウリング編」
  2. SONYの新製品、ECM-W2BTワイヤレスマイクの実機を触…
  3. コリアンダー入りナポリタンが激ウマだった!
  4. アブラカダブラの呪文の使い方と言葉の波動
  5. 引き寄せと周波数の関係を簡単に話します。

ピックアップ記事

  1. コリアンダー入りナポリタンが激ウマだった!
  2. 引き寄せと周波数の関係を簡単に話します。
  3. レンズキャップって無くしがちですよね。
  4. イオンモール京都桂川にスタバが2店舗目誕生!
  5. 男子は子供の頃から車が好きなんですよね。
  1. 読書

    無口な人とのコミュニケーション能力を思うように取る方法
  2. カメラ

    SONYの新製品、ECM-W2BTワイヤレスマイクの実機を触ってきた。
  3. iPhone

    iPhone11ProMaxを購入色はダークグリーンその理由とは?ケースとガラス…
  4. iPhone

    一時期流行ったモバログ。今も使えるのか?
  5. iPadPro

    iPad用執筆アプリのオススメはMweb!その理由がわかった!
PAGE TOP