カメラ

ZHIYUN SMOOTH 4を買いました!\レビューと使わなくなった理由とは?

YouTubeを最近良く見るようになってから、お気に入りのYouTuberの方が ZHIYUN SMOOTH 4のレビューをされてました。

それを見ると何やらスマホで動画作品が撮れると。
ただの撮り流しでは無く、作品レベルにまで格上げ出来る映像が撮影出来るらしいのです。

ZHIYUN SMOOTH 4とスマホであるiPhoneとの組み合わせで滑らかで艶やかな映像が簡単に撮れると有れば、これは買うしか無いと思いAmazonでポチってみました。

しかし、最終的には自分の使い方には若干無理があり、現段階では使ってません。
なので、近々断捨離する予定です。

ZHIYUN SMOOTH 4レビュー

まず、手元に届いた時の印象は「デカイ!」でした。
初めてのスマホジンバルなので何かと比べるわけでも無いのですが、只々デカく感じました。
思ったよりも大袈裟な感じです。
これを持って撮影するのかと思うと、周りの目が気になります。

これを振り回すのか・・・と。

でも、殆どの人はそんな僕の事は気にもしてないのが現実なのですがね。

さてさて、本体について話を続けます。
僕が ZHIYUN SMOOTH 4を買った理由は横にあるダイアルです。
そう、ズームやピントをコントロール出来るダイアルです。
これがあれば、雰囲気の良い動画が撮れそうなんです。
他の機種では無い初めての機能なので差別感が有り所有欲も満足出来ます。

他人とは違う、又は他人が撮れない映像が僕には撮れるという特別感がこの ZHIYUN SMOOTH 4にはあったので使ってみたくなりました。

まるで映画のような凝った映像が撮れるんじゃ無いかとか、どんな作品を作ってやろうかとか・・・
その時は思ったんですよ。

でも、実際やって見ると、かなり面倒なので直ぐに情熱の火が消えました・・・

ZHIYUN SMOOTH 4の使い方

ZHIYUN SMOOTH 4の使い方はスマホ(僕の場合はiPhone7)のカメラアプリだけでも滑らかな動画は撮れます。
しかし、折角の電動3軸ジンバルなので ZHIYUN SMOOTH 4用のスマホアプリを使ってみました。

アプリをスマホにダウンロードし開けるとジンバルとWi-Fiで簡単に繋がります。
そこでようやくズームやピントのコントロールが使えるようになります。

さらに、モーションタイムラプスが使えるので、流れるような映像を撮りながら、カメラの位置が少しずつ動くというとても面白い進化したタイムラプスが撮れます。

これを初めて撮影できた時は感動しました。
こんな予算でモーションタイムラプスが体験出来るなんて・・・
2、3年前では、プロが使う機材でしか出来ませんでしたし、そのシステムの値段も10万円を簡単に超えてました。

凄い便利な時代になったもんだと感心した事を覚えています。

ZHIYUN SMOOTH 4 比較するならば・・・

僕が ZHIYUN SMOOTH 4を買った理由の一つにGoProとkarma gripの存在が有ります。
予算が許されるならば、GoProとkarma gripが欲しかったんです。
アクションカムの老舗で品質も画質も良い、世界中の人がその映像を楽しんでいるので実績も有ります。
僕がいつもYouTubeでチェックしている方も毎日という程使っているので製品のレベルとしては素晴らしいものがあると思います。

しかし、GoProとkarma gripで10万円、他諸々のアクセサリーを考えると15万円くらいの予算が必要だとわかってきました。

なので、この映像の質を他で代替出来ないかなと思い、それが実現出来るのは ZHIYUN SMOOTH 4じゃ無いかと思ったわけです。

GoPro HERO6とkarma gripは最強のコンビだけども、音質が非常に悪いというデメリットがあります。
それに比べて ZHIYUN SMOOTH 4とiPhone7の組み合わせなら非常に綺麗で風さえ穏やかで有れば、音質もとても素晴らしい動画が撮れました。

ただ、 ZHIYUN SMOOTH 4はヘッド部分がスマホ用だけに大きく、取り回しが面倒。
普段使いのスマホを撮影の度にセットする必要がある。
スマホのカメラで撮影するのでスマホの電源が減る。
専用アプリを使ってWi-Fiで繋げて動画を撮影すると、あっと言う間にスマホの電池が半分以下になって焦った記憶があります。

でも、 ZHIYUN SMOOTH 4にはスマホに電源を供給できる端子が付いてるんですよね。
そこでAmazonで使えそうなケーブルを購入したんです。
ZHIYUN SMOOTH 4側はマイクロUSBでiPhone7はライトニング端子。
それの出来るだけ長さが短いものを徹底的に探して購入しました。

1本目はドローンのコントローラーで使うケーブルらしく、使ってみたのですが、マイクロUSBの形が若干違い入らない。
なぜか専用のケーブルになってるみたいです。

そして2本目に買ったものはまともなパターンなので ZHIYUN SMOOTH 4にしっかりハマりました。
しかし、iPhone7への給電が出来なかったんです。

そこでメーカーに連絡してみると、 ZHIYUN SMOOTH 4にも専用ケーブルが必要との事。
もう、がっかりしてその専用ケーブルが販売されるのを待ってました。

すると、ケーブル1本が2000円もするんです。
誰が買うねん!!

ZHIYUN SMOOTH 4の価格について

ZHIYUN SMOOTH 4の価格ですが17980円という価格になってます。
しかし、購入する販売者によって、Amazonポイントがもらえる所があります。
多いもので5%の還元、899Amazonポイントもらえます。
なので、実質17089円(約17100円)ですね。

この金額が高いか安いかというのは、 ZHIYUN SMOOTH 4の使い方次第だと思います。

というのも、この ZHIYUN SMOOTH 4は面白い機能がついているからですよね。
他の3軸ジンバルには無いならではの機能がありますね。

それが、サイド側についてるホイールです。
ZHIYUN SMOOTH 4の専用アプリを使うと、このホイールでスマホのズームは勿論、スマホだけでは難しいピントの調整がこのホイールで簡単に出来ます。
例えば、動画を撮る最初にワザとピンボケさせて編集ソフトでタイトルを入れると文字が際立ちます。
そんな使い方をすれば(ピントのコントロールを意図的に)、表情豊かな動画作成が出来るのではと思ってます。

ZHIYUN SMOOTH 4の説明書は?

初期の頃の製品には英語と中国語の説明書しか入ってなかったようです。
しかし、現在では(自分が買った時では)日本語の説明書がしっかり入っていますので安心してください。
日本語自体も変な変換はされてなくて安心して読めます。

ZHIYUN SMOOTH 4のまとめです

この ZHIYUN SMOOTH 4を買ってよかったかと言うと、僕的には合いませんでした。
何がダメだったかと言うと、カメラを動かすジョイスティックが無い事。
それと、自撮りモードが無いのが僕の使い方にそぐわないと思い、 ZHIYUN SMOOTH 4を使わなくなりました。

ただ、この ZHIYUN SMOOTH 4はスマホで動画を撮る他の人と一味違った映像が撮りたいと思う人ならば非常に有効な3軸ジンバルだと思います。

ストーリーを考えてシナリオを作り、画角を考えてショートムービーを作るのも楽しいかと思います。

僕は散歩動画を撮りたかったので、ジョイスティックで自由にカメラワークが出来るものが良かったのです。
それと、POVマウントが出来るものも必要だと思ってます。

本当なら、GoPro6とkarma gripが欲しいのですが、予算の事や音質の問題。
それとkarma grip以外では給電しながら撮影が出来ないという問題も出てきます。

う〜ん・・・悩ましい。

しばらくジンバルの旅が続くのか・・・

REMOVU K1の記事に使う画像↓

ピックアップ記事

  1. iPhone7の値段が高く感じていたが、やっと注文してみた色はブラック!(普通?…
  2. イオンで買うグラノーラに新作が!輸入食材ってオシャレだな
  3. 網戸の張替えをするためにホームセンターに|事前準備と注意点
  4. iPhone7を使いだしてライフスタイルが変わったこと
  5. ニンジンリンゴジュースは危険なのか?を僕なりに考えてみた

関連記事

  1. カメラ

    α7IIIにキャノンのオールドレンズを付けて楽しんでます

    α7IIIを買ってから、レンズ選びをするのも楽しみの一つとなってました…

  2. カメラ

    α7IIIのズームレンズ2本揃えてみました。

    α7IIIを購入したものの、フルサイズ用のレンズが無くどれにしようか迷…

  3. カメラ

    Canon FDレンズの最短撮影距離に悩んだが解決した話

    最近、α7IIIのレンズ選びにオールドレンズを手に入れ遊んでいます。…

  4. カメラ

    α7IIIの中古を購入!なぜ今更なの?の理由は?

    α7IIIの本体、中古品を購入したのでレビューします。もう2年も前の…

  5. カメラ

    GoProHERO7Blackで使うアクセサリーを色々と購入 | 組み合わせが面白い!

    GoProHERO7Blackを買ってから、GoProラブになってまし…

  6. カメラ

    オールドレンズ、ミノルタのMC 55mmF1.7 入手しました

    α7IIIを手に入れてから、オールドレンズ沼に完全にハマりました。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 卒業 祝い 大学 女
  2. 入学 式 ピアス マナー 001
  3. α6600の神レンズはコレ! 写真も動画も使える コスパの良いズームレンズ

おすすめ記事

  1. α6600の神レンズは、使い心地の良いこれだと思う。
  2. キャンプ場のマナーが悪いので、キャンプはしません。
  3. 「オリーブオイルでとろけるやわらか野菜」のレシピ本を買…
  4. ウェブ会議でノートパソコンでのトラブル「ハウリング編」
  5. SONYの新製品、ECM-W2BTワイヤレスマイクの実機を触…

ピックアップ記事

  1. コリアンダー入りナポリタンが激ウマだった!
  2. 引き寄せと周波数の関係を簡単に話します。
  3. レンズキャップって無くしがちですよね。
  4. イオンモール京都桂川にスタバが2店舗目誕生!
  5. 男子は子供の頃から車が好きなんですよね。
  1. 生活

    京都市で罹災証明書を発行してもらいます。台風21号で補修必要。
  2. 生活

    ニトリでソファを購入!Nポケットの口コミ|妥協はしたく無かった。
  3. 食レポ

    イオンで買うグラノーラに新作が!輸入食材ってオシャレだな
  4. DIY

    草むしりを楽しく行うためのコツと揃えておくと便利な道具と服装
  5. カメラ

    Godox V860Ⅱ〜Sをレビュー!α7IIIでの使い勝手は?
PAGE TOP